【クレジットカード】高校生・中学生用の作り方。海外修学旅行や留学なら18歳以下でも作れるカード

中学生・高校生のクレジットカード。修学旅行や留学でマイルも貯める マイルを貯めるコツ

高校生の子供が海外へ修学旅行へ行くからカードを持たせたい。

高校生でもクレジットカードって作れるのかな?

 
本ページでは、以下のお悩みが解決できます。
高校生、中学生が作れるカードってあるの?
・中高生が使えるクレジットカード/プリペイドカード/デビットカードはこれだ!
(おまけ)海外でスマホどうやって使う?eSIMが便利な話
 

最近の高校生は修学旅行で海外へ行ったり、短期留学も気軽に行くようになってきましたね。海外では現金を持つことが危ないし心配なのでクレジットカードが安心です。

修学旅行や留学で行くような所は、キャッシュレスも日本よりだいぶ進んでいるので、カードさえあれば買い物には困らず何かと便利です。

現地で現金が足りなくなった場合の保険としても、カードが1枚あると便利ですね。

 

でも、カードは使い過ぎが心配・・

予めチャージして使うタイプもあるので、うまく選びましょう。

失くしたら心配・・

もし失くしてしまったら、子供にはすぐに連絡するよう教えましょう。親がアプリからすぐ子供のカードを止められるものもあります。

 

高校生、中学生が作れるクレジットカードとプリペイドカードの違い

高校生が作れるカードは3種類、クレジットプリペイドデビット、です。

中学生が作れるカードは2種類、プリペイドデビット、です。

一般的にクレジットカードを作れるのは18歳以上ですが、高校生でも理由が海外で使うことなら18歳未満でもクレジットカードが作れます

 

家族カード(高校生OK、中学生不可)

親のクレジットカードの家族会員になる方法です。三井住友カードでは以下の通り案内しています。

家族カードのお申し込みは原則、高校生を除く満18歳以上のお子さまとなりますが、海外留学など海外でカードをご利用の場合は、中学生を除く満15歳~18歳のお子さまの家族カードをお申し込みいただけます。お申し込みの際は確認書類が必要となりますので、入会案内デスクへお電話にてお問い合わせください。

(引用元)三井住友カードHP よくあるご質問 海外留学する高校生の子供に家族カードを作ることはできますか?の回答

個人的には家族カードが一番オススメです。

支払いは親と合算されてポイントも貯まるし、何よりクレジットカードなので信用が高いです。使えるところも多いです。

プリペイドやデビットはたまに使えないところもあるので現地で困ると心配ですよね。

もう一つオススメの理由は、帰国後もクレジットカードは日本で使えるので、定期券を買うときなど子供に大金を持たせるシーンで使えて便利です。

 

プリペイドカード①(高校生OK、中学生13歳以上条件付きOK)

海外で使わなくても15歳以上なら作れます。
ANAプリペイドカードなら親がANAカード会員に限り13歳から作れます。

クレジットカードや銀行、コンビニから予めチャージしておいて使うタイプのカードです。

チャージした分だけの範囲で使えるので使い過ぎ防止になります。

VISA/MASTERがついているのでクレジットカードと同じようにも使えます。

海外では、たまにVISAが使えるお店なのにプリペイドカードだと使えないお店もあります

家族カード1枚だと無くしたり壊れたら不安なのでサブとして持つことをオススメします。

 
 

プリペイドカード②(6歳以上OK、小学生・中学生・高校生OK)

三井住友カードのかぞくのおさいふ満6歳の小学生以上が利用できます。
 
小学生でも子供名義のVISAプリペイドカードが作れます。
予めチャージして使うタイプですので使い過ぎ防止ができます。
 
実際に高校生の子供と使ってみて、我が家にとっては最強!なサービスでした。
それは、Apple Payと・・続きを読む
 

デビットカード(高校生OK、中学生15歳以上OKのところあり)

日本の自分名義の銀行口座があれば作れます。基本的に15歳以上なら作れます。

たいていは「中学生を除く」という条件がついているのですが、ソニー銀行は中学生でも15歳以上ならOKです。(実際に作りました)

使うときに自分の銀行口座から即時に引き落としされるカードです。銀行残高内で使えるので使い過ぎ防止になります。

ソニー銀行は、デビットカード兼キャッシュカードで現地で外貨が引き出せます
実はこれ、めちゃくちゃ便利です。
日本円でソニーの口座にいれておくだけで、留学/旅行先で必要なだけ外貨で引き出せるので、空港で両替しなくていいし楽チンなんです。

 

(参考)海外でスマホどうする?

海外でスマホを使うときは、eSIMが便利です。

日本で自分のスマホに設定しておけば、渡航先ですぐに使えます。SIMカードの入れ替えもないしおすすめです。

実際にカナダ、オーストラリアでeSIMを使った様子はこちらでご紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました