【クレジットカード】高校生・中学生用の作り方。海外修学旅行や留学なら18歳以下でも作れるANAカード

中学生・高校生のクレジットカード。修学旅行や留学でマイルも貯める マイルを貯めるコツ

高校生の子供が海外へ修学旅行へ行くからクレジットカードを持たせたい。留学でも使えるし。でも高校生でもクレジットカードって作れるのかな。

キャッシュレス還元で子供が使う時もポイント貯めたい。
クレカじゃなくてもVISAとか使えるカードないかな。
ANAマイルも貯めたい。

中高生も現金持たせるよりカードの方が便利だし安全じゃない?

キャッシュレスの社会勉強になるから早いうちから持たせたい

本ページでは、以下のお悩みが解決できます。

高校生、中学生が作れるクレジットカード/プリペイドカード/デビットカードの違い
・親子でポイント(マイル)が貯まるANAカードをオススメする理由
 

最近の高校生は修学旅行で海外へ行ったり、短期留学も気軽に行くようになってきましたね。海外では現金を持つことが危ないし心配なのでクレジットカードが安心です。

修学旅行や留学で行くような所は、キャッシュレスも日本よりだいぶ進んでいるので、カードさえあれば買い物には困らず何かと便利です。

キャッシュレス還元で、コンビニ決済やネットで買い物でもポイントが貯まるので、高校生でもカードが1枚あると便利ですね。

使い過ぎが心配!という声もあるかもしれませんが、私は社会勉強になってよいという考えです。予めチャージして使うタイプもあるので、親が正しい知識を持って正しい使い方を教えるほうが大切です。

高校生、中学生が作れるクレジットカードとプリペイドカードの違い

高校生が作れるカードは3種類、クレジット、プリペイド、デビット、です。

中学生が作れるカードは2種類、プリペイド、デビット、です。

一般的にクレジットカードを作れるのは18歳以上ですが、高校生でも理由が海外で使うことなら18歳未満でもクレジットカードが作れます。修学旅行が海外、春休みに短期留学する時は作るチャンスですね。

家族カード(高校生OK、中学生不可)

親のクレジットカードの家族会員になる方法です。三井住友カードでは以下の通り案内しています。

家族カードのお申し込みは原則、高校生を除く満18歳以上のお子さまとなりますが、海外留学など海外でカードをご利用の場合は、中学生を除く満15歳~18歳のお子さまの家族カードをお申し込みいただけます。お申し込みの際は確認書類が必要となりますので、入会案内デスクへお電話にてお問い合わせください。

(引用元)三井住友カードHP よくあるご質問 海外留学する高校生の子供に家族カードを作ることはできますか?の回答

個人的には家族カードが一番オススメです。支払いは親と合算されてポイントも貯まるし、何よりクレジットカードなので信用が高いです。使えるところも多いです。
プリペイドやデビットはたまに使えないところもあるので現地で困ると心配ですよね。

もう一つオススメの理由は、帰国後もクレジットカードは日本で使えるので、定期券を買うときなど子供に大金を持たせるシーンで使えて便利です。

お小遣いも上限を決めてカードを使うように約束しているので、現金を持ち歩かなくて楽!とうちの子供は喜んでいます。コンビニとかでピッっとかざすだけで決済できるので楽みたいです。

使った分は親が明細で把握出来るのでバレバレですし(笑)毎月お小遣い帳代りになっています。

プリペイドカード(高校生OK、中学生13歳以上条件付きOK)

海外で使わなくても15歳以上なら作れます。
ANAプリペイドカードなら親がANAカード会員に限り13歳から作れます。

クレジットカードや銀行、コンビニから予めチャージしておいて使うタイプのカードです。チャージした分だけの範囲で使えるので使い過ぎ防止になります。VISA/MASTERがついているのでクレジットカードと同じように使えます。

Webからチャージできるのも便利です。使ったお店・金額もWebやメール通知で確認できます。

海外で使う場合は、たまにVISAが使えるお店なのにプリペイドカードだと使えないお店もあります。家族カード1枚だと無くしたり壊れたら不安なのでサブとして持つことをオススメします。

私はANAカードを持っているので子供たちには中学生からお小遣いをプリペイドカードにチャージして渡しています。メリットも多くてWin-Winなんです。

中学生からプリペイドカードを使うメリット
✔子供は現金を持つ・使う手間が減る、Web明細がお小遣い帳になる
✔親はWebからチャージで楽チン、ポイント(マイル)が貯まる
ANAカード・ANAプリペイドカードを作る場合はボーナスマイルがもらえる方法を後半で紹介していますので要チェックです!

デビットカード(高校生OK、中学生15歳以上OKのところあり)

日本の自分名義の銀行口座があれば作れます。基本的に15歳以上なら作れます。

たいていは「中学生を除く」という条件がついているのですが、ソニー銀行は中学生でも15歳以上ならOKです。(実際に作りました)

使うときに自分の銀行口座から即時に引き落としされるタイプのカードです。銀行残高内で使えるので使い過ぎ防止になります。

海外で使う場合は、使った内容は子供しか分からないので、急に足りなくなった!と言われて焦って振り込む、ということは想定しておいた方がよいかもしれません。プリペイドと同じようにサブとして持つことをオススメします。

国内のみで使う場合は、お小遣い口座として便利ですね。(うちの中学生のお小遣い口座はソニー銀行です)

親子でマイルが貯められるANAカードをオススメする理由

せっかく子供もクレジットカードを使うなら、クレジットカードのポイントもお得に貯めたい!ですよね。旅行好きな方にはANAカードをオススメします。

ANAワイドゴールドカードの場合、1,000円で13マイル(ANA)に交換できます。貯まったマイルは無料航空券や旅行に使えるSKYコインに交換ができます。

ANAには、家族のマイルが合算できて、家族でも使えるファミリーマイルという制度があります。子供が家族カードを使って貯まったマイルはファミリーマイルで親と合算できます。

私はANAカードで買い物してポイント(マイル)を貯めているので、子供のマイルも合算して家族分の特典無料航空券に交換しています。

子供が貯まるマイルは年間3,300マイル程度*ですが、親のマイルが少し足りないなーというときに威力を発揮してくれます(笑)*短期留学、定期代、お小遣い、お年玉で年間30万使った想定

家族カードANAプリペイドカードなら、どちらもANAマイルが貯まります。マイルを貯めるなら断然家族カードがオススメです。

デビットカードはマイルが貯まるものはありません。

ANAカードを作るなら紹介ボーナスマイルをもらおう!

親名義のANAカードをこれから申し込む方は、申し込み時にボーナスマイルをもらえる特典がありますのでお見逃しなく。1回しか使えませんので要チェックです!

ANAマイルを貯めて旅行する【準備編】
【2020年最新】主婦がANAマイルを貯めるならクレジットカードはこれだ!ANAカード紹介ボーナス2,000マイルももらえる。食費、日用品、コンビニ、ドラッグストアどこでもマイルは貯まる。家族のためにお得に旅行やライブ遠征しませんか?
 
 

三井住友のANAカードでどれだけマイルが貯まるかはこちらの記事で紹介しています。

普通に日常生活の買い物だけでも、年間2回分の特典無料航空券または年間6万円以上の旅行代分は貯まること、意外と知られていないんです。ぜひこの機会にお読みください。

一人でも多くの方が素敵な旅が実現できますように!

タイトルとURLをコピーしました